男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

menu

男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

空腹時or満腹時?筋トレをして最も効果的なタイミングとは

空腹時or満腹時?筋トレをして最も効果的なタイミングとは

筋トレは週に2回~3回の頻度で行うのがベストと言われておりますが、それを更に掘り込んだ「1日のどのタイミングで筋トレを行うのがベストなのか」についてのお話です。筋トレは朝・昼・晩といった感覚ではなく、満腹感、空腹感をベースに行います。

どうせ筋トレを行うのであれば、頑張った分だけ少しでも多くの脂肪を燃焼させて筋肉を分厚くさせたい気持ちがありますよね。ちゃんとあります、筋トレを行うベストな時間帯という物が!

人によってライフスタイルは変わると思うのですが、筋トレを行う一つのサジ加減に「食後で満腹状態の時」「食前の空腹状態の時」が考えられますが、厳密に言うとどちらも間違いだったりします。

空腹時に行う筋トレのメリット&デメリット

空腹

空腹を感じる仕組みは、身体の血糖値が下がって脳が「栄養を取ってくれー!」と指示を出している状態の事を指します。

この状態で有酸素運動や無酸素運動を行うと、体内の予備タンクである脂肪を栄養として分解します。ですので、体脂肪を燃焼すると意味では、空腹時に軽いジョギング程度を行うのはアリかもしれません。

強いて挙げるメリットとしてはその程度のものです。

筋トレはハードなウェイトトレーニングを身体が持てる最大のパフォーマンスを発揮して行うべきなので、空腹時の筋トレは効率も悪ければ、怪我に繋がる恐れもあるので危険です。

空腹時は身体にエネルギーが無い状態なので、持久力も持ちませんし、バーベルトレーニング中に目眩を起こしてしまう事もあります。

満腹時に行う筋トレのメリット&デメリット

満腹

食後の運動は良いとされていますが、食事が終わってすぐの満腹時に筋トレを行うのは絶対に避けるべきだと思います。

そもそも食後の運動が良いとされているのは血液中の糖質や脂肪分が消費されるからなのですが、あくまで食後であって満腹時ではありません。

満腹感を感じている内は食べたものを胃が消費している状態なのですが、その最中に激しい運動をしてしまうと胃の消化機能を鈍らせてしまい消化不良を起こしやすくなります。更に満腹時は身体にエネルギーが十分に補充されている為、脂肪を消費するまでに至らずダイエット効果も薄いと言えます。

筋トレやダイエットに効果的なタイミングと時間帯

筋トレやダイエットに効果的なタイミングと時間帯

冒頭でも述べたと通り「空腹時」や「満腹時」は筋トレを行うタイミングとして適切とは言い難いものです。そして、筋トレを行い、最もダイエット効果が期待できる時間帯は、

空腹でも満腹でもない食後2時間~3時間

がベストと言えます。食後2時間~3時間というのは、食べたものをエネルギーに変え始める時間帯であり、筋トレを行うのにベストな時間帯とされています。

更に欲を言うと、筋トレを行うのは身体の筋肉にエンジンがかかり、一番活性化されている夕方頃~21時頃迄が適切と言えます。

 

とは言え満腹時さえ避けていれば、どのタイミングで筋トレを行っても「やらないよりマシ」という事は言うまでもありません。ですので、あなた自身のライフスタイルと相談しながら、適切に筋トレやダイエットを定期的に続けてください!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • 食の減量知識
    • 体と筋肉
      • 筋トレ実践編