男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

menu

男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

効果的に筋肉をつけてダイエットする為の3要素

効果的に筋肉をつけてダイエットする為の3要素

筋トレは年齢や性別を選ばず、誰でもダイエット&ボディラインを美しくするする事ができる方法です。そこで、筋トレで正しくダイエットをする為に、必ず必要な3つの要素をお伝えしますので、今一度ご確認してみて下さい。

筋トレを基軸にしたダイエットは数あるダイエットの中でも一番再現性が高いと言えます。食事制限や有酸素運動のように、ただ脂肪を落として痩せるだけではないので美しいボディラインも手に入り、身体の内側からも健康になる最良のダイエット方法です。

ですが、筋トレをメインにしたダイエットを行う場合は必ず必要な3つの要素があります。

1. 筋トレに対して正しい知識を付ける

筋トレを行うと体脂肪が燃焼され筋肉が分厚くなるので、結果としてダイエット効果があったり美しいボディラインが手に入るのですが、その為には正しいトレーニングの知識が必要です。

筋トレに対して正しい知識を付ける

トレーニング方法や筋肉への知識がない状態で筋トレを重ねてしまっては、折角のダイエット効果も薄れてしまいます。間違った部分や間違ったフォームで鍛え続けても、目標体重&体型への余分な遠回りとなってしまう可能性もあります。

ダイエットは持続させることが大事ですが、例えば1ヶ月という短い期間であっても「正しい知識」と「間違った知識」では成果に天と地程の差が開いてしまいます。例え間違った知識でも「やらないよりマシ」な理論で減量効果は期待されますが、どうせ同じ期間を頑張るのであればダイエットの成果を早く出したいものです。

  • 筋肉やトレーニングに関する知識
  • 身体と食事の知識

この2点はシッカリと抑えておきたい部分です。注意点は大金が絡んでいる大企業やマスコミの情報に踊らされない事で、本当に正しいダイエットの知識を取捨選択する必要があります。

当ブログ「男の3ヶ月集中ダイエット」では、実際に痩せた方法のみを記載しています。

2. 筋トレを正しく行う&モチベーションアップの道具

日本のダイエット業界は腐っている!…そのように考えるプロのボディメイクトレーナーが多いと聞きます。私も、実際に10kg程の減量に成功し、ダイエットや筋トレの知識が付き始めるとマスコミや雑誌のダイエット広告に疑問を感じ始めます。

実際に正しい知識を持って痩せていくと徐々に判ってくる事なのですが、世の中にはダイエットを行うのに全く必要のないものが、価値位以上の値段で販売されている事が判ってきます。

モチベーションアップの道具

これらにお金を払っても効果が一切なかったりで、最終的には部屋の片隅でホコリを被る未来が待ち受けています。実際にボディメイクのプロトレーナーが通販系器具で鍛えていないのが何よりの証拠です。

ですが、筋トレやダイエットに必要な物が存在する事は事実です。

ダイエットに必要な道具

自宅でトレーニングを行う為のダンベルや、体脂肪率や筋肉量を計る体重計などがそれに当たります。更に凝った場合だと、ストレッチ道具や筋膜リリースに必要なアイテム等もあると、更に早い段階でダイエット効果が期待されます。

今の体型になった不摂生な食事へお金を払ったのと同様、健康な身体に戻すためにも多少なりのお金は必要です。不必要なものは買わずに、必要最低限のものだけを揃え、健康面でも効果面でも費用対効果が高いものを取り揃えましょう。

3. 筋トレを持続させる鋼の精神力

筋トレを持続させる鋼の精神力

根性論のように聞こえるかもしれませんが、実はそうでもありません。当然の事ですが、今日という日に腹筋を何セット行おうが、次の日に6パックへと変貌を遂げる事はありません。

身体の作り的にも、筋トレは最低2ヶ月間続ける必要があります。

人間という生き物は、成果が目に見えない努力を続けるのが非常に困難な性質を持っています。ですが、そこは「騙された!」と思ってでも続けるべきです。

正しい原料知識があり、適切なダイエット器具を取り揃えても「今日は大丈夫だろう」という心のぜい肉が一番の敵です。生活に筋トレを取り組むのではなく、筋トレに生活を組み込む気兼ねで、シッカリと最低でも2ヶ月間は持続させてください。

 

どれが欠けてしまっても実現が難しい筋トレのダイエットですが、裏を返すとこの3要素を抑えると誰にだって実現する事が出来るダイエット方法となります。

過去に色々なダイエット方法や無駄な食品or器具で失敗を重ねてきた私ですが、筋トレによるダイエットは成果も早くでるので、非常に成功度が高いダイエットなのだと思います。

是非、この3つの要素を抑えて筋トレダイエットへと望んでください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • 食の減量知識
    • 体と筋肉
      • 筋トレ実践編