男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

menu

男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

高血圧な人が筋トレを行う際に注意しておきたい事

高血圧な人が筋トレを行う際に注意しておきたい事

極度の高血圧の方が激しい運動を行うのは危険と言われており、筋トレは高血圧にとって禁忌である「激しい運動」に部類されます。そんな血圧が高い人が、ダイエットや健康の為に行うべきトレーニング方法について書いておきます。

極度に高血圧な人が筋トレを禁止されている理由として「息を止める無酸素運動だから」という理由が挙げられます。

ですが、軽く血圧が高い程度であれば、追い込んだトレーニングを避けて適度な運動程度は行うべきです。ウォーキング等の無理のない運動でゆっくりと体を動かし続けます。

ちなみに、男性の平均血圧は以下の通りです。

男性の年齢 平均血圧値
20代 118/75
30代 125/79
40代 131/84
50代 138/85
60代 143/43
  • 血圧値が140~160が軽症高血圧
  • 血圧値が160~180で中等症高血圧
  • 血圧値が180~で重症高血圧

重症高血圧の状態での激しい運動は死に至る危険もあるそうで大変です。

そもそも高血圧の原因には肥満や運動不足といった要因も絡んでいるのに「血圧が高いから運動できない!」といった感じであれば本末転倒です。

血圧状態を医師に相談して軽い運動から始める

健康の為に運動するのですから、それで身体を壊してしまっては意味がありません。その筋の専門医に相談をした上で軽い運動から始めるのが好ましいと言えます。

血圧状態を医師に相談して軽い運動から始める

血圧の度合いにもよりますが、血管への負担が多い無酸素運動を避けて、まずは軽いストレッチ等でじっくりと身体を温め、ウォーキングや軽いジョギングを行いましょう。

有酸素運動は心肺機能が強化されるので血液の流れがよくなり、体内脂肪が落ちて善玉コレステロール値が上がるので徐々に高い血圧値が下がっていくのです。

また、高血圧の原因には感情の激変やストレス等も影響しており、ウォーキングやジョギングには自律神経系にも影響がありストレスが緩和される効果があると言われています。

高血圧の人が健康や美容の為に筋トレを行う場合は、まず有酸素運動を続けて血圧値を平均値にしてから筋トレ等の無酸素運動を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • 食の減量知識
    • 体と筋肉
      • 筋トレ実践編