男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

menu

男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

消費カロリーと摂取カロリー

消費カロリーと摂取カロリー

ダイエットは特に難しいことは何もなく、摂取したカロリーと比べて消費したカロリーが上回れば自然と体重は落ちていきます。その消費カロリーと摂取カロリーをもう一歩踏み込んだ詳しい知識を取り入れましょう。

体が出来上がる仕組みは摂取カロリーと消費カロリーで成り立っており、

摂取カロリー < 消費カロリー = 体重減少

と言われています。

例外はありますが、体型が構成されていくのは基本的にこの図式が成り立ち、それ以外で健康的に体が痩せていくという事はありません。そこで、「摂取カロリー」と「消費カロリー」についてを詳しく解説致します。

消費カロリー(CalorieConsumption)とは

摂取カロリー < 消費カロリー = 体重減少

消費カロリーとは「基礎代謝」「身体活動」「食事誘発性熱生産(DIT)」で成り立っています。

基礎代謝とは、日常生活で生命の維持等で最低限必要なカロリーの事を指します。ただ座っているだけでも、ただ寝ているだけでも、常に消費しており、1日を通して常に消費されているカロリーです。

身体活動とは、体を動かす事によって消費するカロリーです。筋トレや有酸素運動もこれに当てはまりますが、階段の上り下りや、家事を行う簡単な運動でも消費されています。

そして最後に食事誘発性生産とは、食事を取ることで消化器官が働き、その後数時間にわたって体の代謝機能が上がり、その熱分のカロリーを消費します。

この3つを併せて消費カロリーと呼びます。

摂取カロリー(CalorieIntake)とは

摂取カロリー < 消費カロリー = 体重減少

摂取カロリーは単純に1日の内摂取した飲食の総カロリーを指します。

ヒトの体は健康な状態であれば、食べたもの飲んだものがそのまま反映されています。摂取カロリーと消費カロリーの関係は、お金に置き換えると判りやすくなります。

  • カロリーの消費が大きくなる = 痩せる
  • 稼ぐお金が大きくなる = お金が貯まる
  • 基礎代謝 = 固定給
  • 身体活動 = 残業代
  • 食事誘発性熱生産 = 通勤手当

といった感じです。

摂取カロリーを適切な量に抑え、消費カロリーを増やすと誰だって痩せるようになっています。この「摂取カロリー」と「消費カロリー」のバランスを理解し、理想の体型を目指してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • 食の減量知識
    • 体と筋肉
      • 筋トレ実践編