男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

menu

男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

1つの筋トレメニューを続けても効果がある?

1つの筋トレメニューを続けても効果がある?

筋トレには様々なトレーニングメニューが存在しますが、人によっては「好きor嫌い」だったり「得意ro不得意」と様々だと思います。もし、好きだったり得意な筋トレメニューを1本だけ繰り返し続けた場合、それは効果があるのでしょうか。

例えばダンベルを使う筋トレだけでも100種類以上のトレーニング方が存在し、これがバーベルやウェイトマシーンにまで視野を広げると、それが更に倍以上の項目に増えてきます。

これらを上手く組み合わせて特定の部位を鍛えていくわけですが、極端な話、好きな筋トレだけをやり続けてもダイエットの効果があるのかをお伝えします。

好きな筋トレを続けていても効果があるのか?

好きな筋トレ

私は全身を「上半身の回」と「下半身の回」と二回に分けてトレーニングを行っています。ですが、全身を鍛えるのではなく「腕のみ」「腹筋のみ」といった具合に「好きなメニューだけの筋トレを行っても良いのか?」という話ですが、結論から申し上げると

目的にあった部位であれば1つのメニューだけでもOK

となります。

例えば「たくましい腕が欲しい!」といった場合は腕のみをダンベルで鍛えたり、「脚を細くしたい!」といった場合はバーベルを担いでスクワットを行います。

ただ、この方法はある程度身体が引き締まっているアスリート達が行う方法なのでダイエット向きな方法ではないという事を理解してくおいてください。ダイエットの効果を早く出す為であったり、美容・健康の為であれば、やはり全身を鍛えるにこした事がありません。

筋トレによるダイエットは基礎代謝を上げる事にある

筋トレで絞られた身体は太りにくくなるという言葉を聞いた事がありませんか?

基礎代謝を上げる

それは、筋トレ中の消費カロリーもさる事ながら、筋肉が増える事によって身体全体のエネルギー消費が増えて太りにくくなるからです。そんな筋肉の1部位だけを鍛えてしまった場合、この基礎代謝の面でダイエット効率が変わります。

身体の筋肉はサイズが違いますので、勿論、筋肉の面積が大きいほど体の基礎代謝が上がるのでダイエット効果が高いと言えます。

極論になってしまいますが、手首だけを鍛え続けた状態と、スクワットで脚だけを鍛えた場合では、1ヶ月後のダイエット効果に天と地程の差が出ます。

ダイエットを目的とするのであれば、例え1つの筋トレに特化する場合でも鍛える部位の筋肉サイズは意識しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • 食の減量知識
    • 体と筋肉
      • 筋トレ実践編