男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

menu

男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

いくら食べても太らない体質!太りやすいor太りにくい食事の差

いくら食べても太らない体質!太りやすいor太りにくい食事の差

誰もが憧れる「いくら食べても太らない身体」ですが、流石に「いくら食べても」とまではいかずとも「太らない食生活」は誰にでも出来るようです。これまで私は体質のせいで普通量の食事でも太ると思っていたのですが、根本的な部分から間違えていたようです。

あなたの周りに1人位居ませんか?

「俺、いくら食べても別に太らないんだよね~!
逆に太ってみたい位だわwww」

という、小デブからすると殺意が沸くような発言をしている人。

そういう人の食生活をよく観察すると「間食を絶対にしない」等の様々な要因も絡んでいますが「食べる=太る」という枠組みから外れている訳ではなく「食べる物」が太りにくいだけに過ぎません。

いくら食べても太らない!

居酒屋などで、友人達の「いくら食べても太らない!」を間に受けていましたが、決してそういう訳ではない事を身をもって知りました。

学生時代にそう豪語していた友人が今はメタボ体型になっていたり、学生時代に太っていたにも関わらず細身へと変貌を遂げた友人もいます。結局、ヒトの身体というのは「食べる – 運動量 = 体型」という枠組みから外れる事は出来ません。

食べる – 運動量 = 体型

そして、その「食べても太らない体質」に関してですが今の私がそれに近いような状態になっています。

例えば居酒屋やコース料理で満腹感を超える程の食べ物をオーダーしても、ベロンベロンになるまでアルコール飲んでも体重や体型が変わる気配がありません。素人目でみても明らかにオーバーカロリーな食事なのに太らない理由を考えてみました。

食事で太ってしまう原因を自然と絶てている

私が暴飲暴食で太らなくなった件について考えられる事が、

食事制限が自然とできて、それを苦痛に感じなくなった。

という点が挙げられます。

なんだよ、ただの食事制限かよ!

と、離れるのは少し待ってください。
これはダイエットに成功した自覚と、食に対する知識がついた事が大きいです。

それに「俺or私は食べてもそんなに太らない!」と豪語している人を見ても実はそんなに食べていない人が殆どなのです。ギャル曽根級に食べて太らない人は稀なはずです。

ある程度ダイエットに成功しだすと身体が感じる「満腹感」が、太っていた時期より明らかに下がっている事が体感できます。ダイエット開始時の2週間程は物足りない気がしましたが、1ヶ月、2ヶ月もすると食事の満腹感が変わり一切のストレスを感じません。

居酒屋等でオーバーカロリーの食事量

ですが、それだけの理由だと居酒屋等でオーバーカロリーの食事量を毎回摂っていると太ってしまいます。私が太らなくなった理由として選ぶ食事に糖質量を意識している事が考えられます。

糖質制限の食事だとカロリーは殆ど関係ない

満腹感を早く感じるようになったとしても「オーバーカロリー+アルコール類」の食事量だと太ってしまいますが、実際、私はそこそこの量を食べても体重や体型に変化を感じないようになっています。

それは糖質制限にあるのだと体感しています。

どれだけ暴飲暴食をしている日だとしても「糖質」に関しては意識を張り巡らせています。例えば「焼き鳥」なら「タレではなく塩」だったり、「ビールや日本酒ではなく、焼酎やハイボール」といった具合に糖質に関してはストイックに注文しています。

時として「糖質」だけではなく「脂質」にも注意を払い、肉に関しては赤身等を頼むようになり、自然と食事に関する好みが変わった事も大きいのだと思います。

「糖質」や「脂質」を避ける

なぜ、そこまで「糖質」や「脂質」を避けるのか。
それは、身体が脂肪を蓄える仕組みを理解すると「太りにくい食事」を選ぶ習慣が身に付きます。

炭水化物が多く糖質を摂りすぎると、身体は自身でエネルギーを生み出す必要がない為エネルギーが豊富な糖質を脂肪として蓄える傾向に習慣づいてしまいます。ですが、タンパク質中心の食生活になると、身体がエネルギーを生み出そうと脂肪を燃焼させます。

つまり、太りにくい体質とは、

身体を動かすエネルギーを体内で作る為、
脂肪を燃焼させ続ける体質になるよう食事を選ぶ事。

です。
要約すると、

  • アルコール類はガブガブ飲むが糖質が含まれていない物を選ぶ。
  • アルコールと炭水化物&糖質は避ける(or少なめ)ようにする。

たったコレだけです。これだけで多少の暴飲暴食でも体型に変化がなく、お酒も食事も楽しめています。昔を思い出すと、本当に太らなくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • 食の減量知識
    • 体と筋肉
      • 筋トレ実践編