男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

menu

男の3ヶ月集中ダイエット!筋トレで細マッチョを目指す

食べすぎた翌日に太った体重を戻すためには

食べすぎた翌日に太った体重を戻すためには

毎日計測している体重推移のグラフを見ると『食べすぎ』『飲みすぎ』の翌日に確実に体重が増えています。暴飲暴食の翌日に太った体重を元の体重に戻す為に、正しい知識を持っておきましょう。

前回書いた旅行・飲み会等で影響した1ヶ月の体重推移を見る限りでも、暴飲暴食で翌日から体重が増えるのはどうやら確実のようです。

今回の記事では、そのメカニズムについて書いておきます。

食べすぎ、飲みすぎの翌日に体重が増える理由

暴飲暴食の翌日に太る理由は『ただ単に食べ過ぎたから』という理由ではありません。

肝臓に大量のグリコーゲンが増え、体にも通常以上の水分が蓄えられるので体重が増えてしまいます。この増えた状態の体重が自分の正しい体重になるのは3日後と言われています。

暴飲暴食で太ったお腹

暴飲暴食が体重に影響が出るのは翌日ですが、その状態を3日間続けてしまうと確かに脂肪が増えます。ですが、翌日から2日間『カロリー制限』や『代謝アップ』を心がけると脂肪の増加を抑えることができます。

それでは暴飲暴食後の2日間に意識すべき事を挙げると、

  • 暴飲暴食中に食べたものを避ける
    アルコールや炭水化物等を食べ過ぎた場合は、
    翌日からの量を減らします。
  • 無理な減食はしない
    お腹がすいていないのであれば無理に食べる必要はありませんが、
    我慢して「今日は1食にしよう!」等は絶対にNG
  • 代謝を高める運動を心がける
    水分を多く取る、有酸素運動を行う、筋トレを行う等、
    体を刺激して代謝をアップさせましょう。

暴飲暴食も本来であれば避けるべきですが、致し方なくそうなってしまった場合は、翌日からの2日間でシッカリと調節して体重を取り戻しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • 食の減量知識
    • 体と筋肉
      • 筋トレ実践編